So-net無料ブログ作成

二泊三日のプチ旅行 [日記]

次男が勉強合宿の間、二人で過ごすのも寂しかろうと旦那が言い出し明日から名古屋へ行く。最近姑に胃がんが見つかったため今月は福岡、来月は自宅というように交代で行き来している。来月まで息子(特に父親を恋しがってる長男)に会えないのが寂しいのだろう。ただ、旦那の住まいには敷き布団が一枚しかないため、私は名古屋市内に住む伯母の家(旦那の住まいにかなり近いところ)に二泊する。また今月は福岡に行くことになってるため、今回旦那は一日しか休みが取れない。よって、長男は一泊目が父親の在所、二泊目が大伯母の家ということになる。

私など最後に新幹線に乗ったのがいつだか思い出せないくらい久しぶりだが、長男も中学校での京都修学旅行以来(養護学校高等部は行き先が沖縄なので、当然飛行機)だからざっと四年ぶり。ただでさえ鉄分の濃い奴(=鉄道オタク)なので、一週間くらい前から「名古屋はいつ?」と繰り返し聞いてきてすっかりハイテンション。今日など作業所から帰るやいなやさっさと荷造りにかかり、それが済むと切符の確認を要求(今回は自由席だが、当日の手間を省くため事前購入。ちなみに彼は、東京—博多間が多かったため“のぞみ”利用ばかりで、新幹線の切符は事前に買うものと思い込んでいる)、更には「大宮から東京までは途中から武蔵野線か?」、「のぞみか、ひかりか、こだまか?」、「100系か、300系か、500系か、700系か、N700系か?」、「大宮から東京までは新幹線か?」と質問の嵐。

息子よ、私はおまえほど鉄分が濃くない。せいぜい暇な時に、長距離列車や鈍行で長時間ぼーっと乗ってるのが妙に好きという、軽度な乗り鉄。目的地までちゃんと、なるべく早く到着できれば問題ないのである。そもそも今回、経費節減のため全席指定の“のぞみ”は使えないし、大宮—東京間なんて近距離で“はやて”や“こまち”なんて高いものは却下。それより安いかもしれないが、武蔵野線は遠回りだからボツ。名古屋までなら“ひかり”だろうと“こだま”だろうと大差無いし、ましてや車両のタイプなんぞどーでもいい。

以上、諄々と説明したのだが彼は更に粘った。「行きは“こだま”で帰りは“ひかり”」・・・あー、はいはい。それくらいなら構わないよ。わかりましたから早く寝なさいってば。
(と書いている最中にも、呪詛のように「1964年東京—新大阪間開通、1972年新大阪—岡山間開通、1975年岡山—博多間開通・・・」と横でつぶやいていた)
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 5

雀翁

私も鉄分は薄い方でよくわかりません。最後に新幹線に乗ったのは...4年ほど前、関西の実家から九州の温泉へ行ったときだったような...あの時乗ったのは、確かレ-ルスタ-というので、あれは「ひかり」の一種だったのかどうか...でも、基本的に新幹線は好きです。清潔感と安心感があります(どこかの国のの違って)。
まだ日本で勤めていた頃、混んでいるからという理由で東京-新大阪をこだまで帰ったことがありました。確かひかりより小1時間長くかかったように記憶しています。

プチ旅行どうかお楽しみに。

by 雀翁 (2011-08-10 08:48) 

ももんが

なんだか楽しそうですね。
私も、鉄分は薄いのですが、電車にぼんやり乗っていることは大好きです。学生の頃は下宿先の東京から実家まで青春18きっぷで帰ったりしてました。
楽しい小旅行となるよう、祈っております(^o^)
by ももんが (2011-08-10 23:16) 

葵ママ

雀翁様
私の記事は間違っておりました。今や、のぞみには自由席が3両あります。しかも、3〜5分ほどの間隔で出てる上に東京駅は始発。少し早めに行けば、2人くらい楽勝で座れます。

おかげさまで、東京−名古屋間の所要時間は1時間40分ほどでした。
by 葵ママ (2011-08-15 10:40) 

葵ママ

ももんが様
名古屋までだと、どうも物足りなかったですね。あっという間です。
by 葵ママ (2011-08-15 12:27) 

葵ママ

HWK様
niceありがとうございます
by 葵ママ (2011-08-15 14:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。